入会方法詳細

関東地方またはその近郊の方の場合/遠方にお住まいの方で相談会を利用する場合

→相談会を利用、その後定例会に参加

1.相談会の予約をしてください。(電話03−5212−4611)

@   「相談会について」のページを参照してください。
A  相談会は事務所(東京・飯田橋)で毎月数回行っています。
B  日程など詳細は事務所に電話で問い合わせてください。

2.「被害実態アンケート」の該当する項目に記入してください。

@  「被害実態アンケート」は17ページあります。
 被害実態アンケート(PDF)...17P

A  ダウンロード・印刷して、アンケートの該当する項目に記入してください。
B  そのまま印刷してください。編集や省略はしないでください。
C  できるだけ両面印刷でお願いします。ファイルスペース節約のためご協力ください。
D  3ページ目以降には個人情報や個人を特定できる内容を記入しないでください。
E  記入したアンケートのコピーをご自身で保管してください。

3.相談会に出席してください。

※  出席の際は「被害実態アンケート」に記入の上必ず持参し提出してください。
※  相談会の利用は時間厳守でお願いします。1時間の理事長との面談となります。
※  印刷できないなど必要な場合は入会申込書等の入会関連書類をもらってください。
※  相談会の利用後、理事長から「出席許可証」を発行します。
    定例会では「出席許可証」を定例会受付に提出し、参加費用500円をお支払いいただく事で
    定例会に1回出席できますので、定例会で自己紹介と被害概要をお話しください。

4.入会の意志を再確認してください。

@  引き続き定例会に出席するためには入会していただくことが必要です。
A  「定款」「会則および入会案内」を読み、入会手続に進んでください。
 定款(PDF)
 会則および入会案内(PDF)   会則および入会案内(html)

5.入会手続を行ってください。

@  入会申込書(原本)を事務所に送付(FAX不可)
 入会申込書(PDF)
A  情報伝達方法に関するアンケートを事務所に送付
 情報伝達方法に関するアンケート(PDF)
B  入会金および年会費の振込
    入会手続は上記すべてが確認できたら完了します。
※  「正会員・賛助会員の違い」、「振込口座」については、
    下記の会則および入会案内のP4〜P5 「入会の手順」をお読みください。
 会則および入会案内(PDF)   会則および入会案内(html)
    ※  2018/5/01 免除申請制度はなくなりました。

※ 新入会の方の年会費の有効期限は、7/1〜翌年6/30ですが、
    5/1〜6/30までに入会の方は、次年度年会費として通用します。

6.会員証を発送します。

@  手続完了後に会員証とチラシ50枚を発送します。しばらくお待ちください。
※ 会員証の発行には時間がかかる場合がございます。手続きは早めにお願いします。
  発送状況等などのご不明な点があれば、木曜日に事務所へご連絡ください(14:00〜17:00)。

入会関連書類

※ 入会に必要な書類および関連する書類のファイルです。ダウンロードしてご利用ください。
※ 印刷が必要な場合はそのまま印刷してください。編集・加工はしないでください。
※ 印刷できない方は事務所に問い合わせて下さい。

  入会必要書類
 被害実態アンケート(PDF)...17P
 定款(PDF)
 会則および入会案内(PDF)   会則および入会案内(html)
 入会申込書(PDF)
 情報伝達方法に関するアンケート(PDF)