技術資料(海外)


奴隷状態の新展開



“Slavery has developed a new face, and bondage has transcended the physical to
psychical and mental and is becoming neurobiological, through hi-tech expansion right
in to the human brain with microchips.”

「奴隷は新しい様相を発達させた。束縛は肉体以外に精神と心にまで及び、神経生物学的 な領域に進出している、人間の脳に直にマイクロチップを埋め込むハイテクの進化を通じ て。」


For the hundreds of millennia that man has roamed the earth, he has killed, enslaved
and even eaten his fellow man. Groups of individuals have banded together and
developed a higher degree of power from where they have been able to force themselves
upon others and deny them human respect. Since the foundation of the organized
society, different breeds of dictators have built their truths on law and order, enabling
them to suppress their subjects’ demands and opinions. Insurgent individuals have been
thrown in chains, put behind bars, locked up in cellars, declared mentally ill and
confined to mental hospitals.

人間が地球を移動し始めてから数 10 万年の間、人は仲間を殺し、奴隷化してきた。また、 食べることさえあった。個人が集団化し、それまでよりも高いレベルの力を持ち始め、他 人を従わせたり、人間としての尊重を否定するようになった。組織化された社会が確立さ れて以来、様々なタイプの専制者が法と秩序の下に自らの真理を築き、臣民の要求と意見 を抑え込むのに利用した。個人の反乱者は鎖で繋がれ、檻に入れられ、穴蔵に閉じ込めら れて、精神的な病と宣告され、精神病院に閉じ込められた。


The old form of cannibalism, one man eating another, has lived on, in a more
sophisticated guise, in the relationship between the state and individuals and groups
within society whose lives the despots have stifled and devoured. Slavery has developed
a new face, and to an increasing extent bondage has transcended the physical to
psychical and mental and is becoming neuro-biological, through hi-tech expansion right
into the human brain with microchips, along with state intentions and extensive
projects into brain-computer technology.

古い形の共食い、すなわち人が人を食う行為は、専制君主がその息の根を止め貪り食らう国家と社会と集団の関係の中で、外観を高度なものに変えて生き延びている。奴隷は新た な様相を発達させた。これまで以上に束縛は肉体以外に精神と心にまで及び、人間の脳に 直にマイクロチップを埋め込むハイテク技術の進化を通じて、また国家の意図や脳内コン ピュータ技術にまで至る大規模なプロジェクトと同調して、神経生物学的な分野の問題に なりつつある。


Despite the unbelievably bloody history that has been written for mankind by emperors
and other despots, those with insight into what is actually going on behind the bastions
of power argue that we have already passed over the threshold to an even more
inhuman era. The very well-known Japanese professor Yoneji Masuda, coined the term
“the information society” in his book of the same title (1980) in which he addresses the
dangers of modern communication technology and advanced computer applications by
which it is possible to link up the human brain to computers over international
distances. He warns us that if people fail to learn about these neurological
communication systems, and gain influence over their application, a new kind of
dictatorship threatens, and he adds, the quashing of human rights in a traditional
dictatorship will pale in comparison to the injustice that will be suffered. He argues that
the technology provides the state with the power to limit and control the citizens’
private lives and social activity. “It would be possible to violate freely personal integrity
and to suppress man’s independent, social and political activity, making Orwell’s
terrifying robotised state a reality.” All this concerns the ability to connect human
cerebral functions to computers with the aid of microchips and radio-implants. Several
official inquiries by Government select committees and other documents have noticed
the same developments. The Swedish state report, SOU 1972-47 discussed the
possibilities of the new technique, that it can both collect facts about a person and
control his actions. It added the caution that with the extension of information
techniques one could detect the shadow of a formidable police-state with a totally
efficient and inhuman administration.

信じ難いような人類の血なまぐさい歴史が皇帝や専制君主により著わされてきたが、権力 の拠り所の裏側で実際に起こっていることを見抜いている識者は、その何倍も非人間的な 時代をとっくの昔に飛び越えていると主張している。日本の著名な増田米治教授は、同名 の著書(1980 年刊)で「情報社会」という言葉を初めて使った。同書内で教授は、現代の 通信技術の危険性、また国境を越えて人間の脳をコンピュータにつなぐことが可能になる コンピューターの先端的な利用の危険性について述べている。人々がこのような神経学的 な通信システムを学習せずに、その用途への影響力を掌握すれば、新しい種類の専制君主が出現する恐れがあると、同教授は警告している。さらに従来の専制国家での人権の抑え 込みも、今後被ると見られている不当な扱いに比べると、さほど重要性を帯びなくなるだ ろうとも述べている。技術は国民の個人的な生活と社会活動を制限し、管理する能力を国 家にもたらすというのが、同教授の主張である。「個人の品位を自由に侵害し、人間の独立 した社会的、政治的な活動を抑制することが可能になり、オーウェルが著した恐ろしいロ ボット化された国家が現実のものになる。」これはすべて、マイクロチップと無線インプラ ントにより、人間の脳機能をコンピュータにつなぐ能力の問題に行き着くのである。政府 特別委員会からの複数の公式調査やその他の文書でも、同様の発展について触れられてい る。スウェーデン政府の報告書(SOU 1972-47)では、個人に関する事実を収集し、その 行動を制御する新しい技術の可能性について述べている。同書内では、情報技術の発展に より、完全に効率的かつ非人間的な管理下に置かれた恐るべき警察国家の前兆に気付くか もしれないといった警鐘を加えることも忘れていない。


Right from the time when computers were first being made in the mid 1940s, research
was being done with electrode implants in the human brain. The use of the technique
was developed at a quite a rate and it soon became clear to those in the know that there
was not just a medical research interest behind it all, but also a political agenda. In
1956, the American Psychological Association arranged a symposium on the
consequences of the new technique. Two of the participants, Professor Carl R. Rogers
and Professor B. F. Skinner, had their speeches published in the scientific journal
Science in November of the same year.

コンピュータが 1940 年代の半ばに発明された、まさにその時から、人間の脳に電極を埋め 込む研究が行われていた。この技術の利用は相当の勢いで進展し、医学研究にもたらされ る利益以外に政治的な意図も隠されていることが、事情通の人々の間で明らかになるのも 時間はかからなかった。1956 年、米国心理学会はこの新しい技術の重要性に関するシンポ ジウムを開催した。カール R. ロジャーズ教授と B. F. スキナー教授は、同会議内で行った 講演の内容を同年 11 月発行の『Science』誌に掲載した。


Professor Skinner said that, “Science is steadily increasing our power to influence,
change and mold - in a world, control - human behavior... Of all the dictatorships
espoused by utopists, this is the most profound, and incipient dictators might well find
in this utopia a guidebook of political practise.” His colleague, Carl R. Rogers,
maintained that the development of behavioural sciences was growing, and along with
it the capacity to predict and control behaviour. He also posed the question of just who
was going to be controlled, by whom ant for what purposes.

スキナー教授は次のように述べている。「人間の行動に影響を与え、行動を変え、型にはめ る我々の能力、ある分野では行動をコントロールする能力が科学の力で徐々に高まってい る。ユートピアンに支持されたあらゆる専制国家の中で最も深刻な国家である。初期の専 制君主であればこのようなユートピアの中に、政治的な慣例の手引きを見出すかもしれな い。」同教授の同僚、カール R. ロジャーズ教授は、行動科学の進化は進んでおり、その進 化と同時に行動を予知しコントロールする能力も進んでいると主張した。同氏はまた、誰 が、誰によって、何の目的でコントロールされるかといった単純な疑問も呈している。


“I believe we agree that the behavioral science are making and will continue to make
increasingly rapid progress in the understanding of behavior, and that as a consequence
the capacity to predict and control behavior is developing with equal rapidity. I believe
we are in agreement that the tremendous potential power of a science which permits
the prediction and control of behavior may be misused, and that the possibility of such
misuse constitutes a serious threat...Who will be controlled? Who will exercise control?
What type of control will be exercised? Most important of all, toward what end or what
purpose, or in the pursuit of what value, will control be exercised?”

「行動科学は高度の理解を急速に高め、今後もその傾向が続くこと、またその結果、行動 を予測しコントロールする能力も同様の速さで進化することが共通の認識であると信じて いる。行動の予測とコントロールを可能にする科学の計り知れない潜在能力が誤った使わ れかたをされる可能性があること、そのような誤用の可能性は重大な脅威につながること にも異論はないとみている。誰がコントロールされるのか? 誰がコントロールするか? どの ような種類のコントロールが行われるのか? 最も重要なのは、何の結末に向けて、あるいは 何の目的で、どのような価値を追求してコントロールが行われるのか、ということだ。」


The term “cyber” was minted at Princeton University in the summer of 1947 by a group
of scientists, and was to denote everything within control and communications
technology, esp. concerned with interfacing the human brain, biological systems and
computers. In 1948, Norbert Wiener published the first book which touched on the
unimagined possibilities of computers and how the new technology had the potential to
scrutinize the human psyche. The book was entitled Cybernetics, the term deriving
from the Greek word for steersman. Cyber came to stand for scientific control and the
book was published in the same year as Orwell’s 1984. Norbert Wiener was an
American mathematician, and had participated in the development of the first
computers. Some years later, he wrote a preface to the second edition of Cyberneticsprior
to publication, warning of the developments: “The role of information and the
technique of measuring and transmitting information constitute a whole new discipline
for the engineer, for the physiologist, and for the sociologist. The automaton which the
first edition of this book barely forecast have come to their own, and the related social
dangers against which I have warned, not only in this book, but also in its small
companion, “The Human Use of Human Beings”, have risen well above the horizon.”
The technique was to go under the name in Bio-medical Telemetry, Brain-Computer
Interaction or mind control.

「サイバー」という言葉は、1947 年、プリンストン大学の科学者の間で造語され、コント ロールとコミュニケーション技術、特に人間の脳、生体系、コンピューターの連結に関す る技術のあらゆる物事を表す言葉となった。1948 年、ノーバート・ウィナーは想像もつか ないコンピューターの可能性と、その新しい技術が持つ人間の精神を精査する潜在能力を 初めて扱った書物を世に送り出した。同著書の題名は『サイバネティクス』。ギリシャ語の 「操舵手」に由来する言葉である。サイバーは科学的コントロールを表す言葉として一般 化しており、同書はオーウェルの『1984』と同年に出版された。ノーバート・ウィナーは アメリカの数学者であり、最初のコンピューターの開発にも携わっていた。数年後、同氏 は『サイバネティクス』の第二版の発行にあたって、その序文の中で技術の発展を次のよ うに警告した。「情報の役割と、情報を測定し伝送する技術は、技術者、生理学者、そして 社会学者に対する全く新しい規律を意味する。本書の初版ではほとんど予測できなかった 自動装置はすでに相応の評価を受けており、それに伴う社会的な危険性は、本書のみなら ず、同書の小冊子『人間機械論』の中でも警告しているが、すでに十分に認識されている。」 この技術は、「バイオメディカルテレメトリ」、「ブレインコンピューター相互作用」、ある いは「マインドコントロール」の名前で知られている。


A totally new technological strain of cannibalism was born reforming all previous
premises. It was no longer necessary to kill a person in order to be able to feed upon him.
Now it was possible to simply imbibe his physiological being, his biological self, his
neurological functions and his behaviour thoughts, sensations and emotions - even to
duplicate him digitally with a computer which had the power to store all these different
parameters for later applications. With the miracle of technology all firmly established
truths were be changed - the old form of cannibalism would have devoured this limbs,
hearts and brain while the new was with the greatest precision possible to deprive him
of what he most was, his own personality and nature, the unique-entity he represented

in life’s rich tapestry.これまでのあらゆる前提を変革する全く新しい、技術的共食いという傾向が出現した。食 物を得るために人を殺す必要はなくなった。今は人の生理学的な存在、その生物学上の人 物そのもの、神経機能、そして人の行動、思考、感覚、感情を受け入れることも可能であ る。そのような各種の特性をすべて保存し、後で応用する能力を備えたコンピューターを 使って、人間をデジタルに複製することすら可能である。奇跡的なまでの技術を通じて、 しっかりと根付いた真実はすべて塗り替えられた。古い形の共食いは人間の四肢、心臓、 脳を貪り食うことであったが、新しい形の共食いは人間の持つあらゆるものを、自身の人 格と性質、人間がその人生の豊かな絵模様に描いてきた独自の存在性を、非常に高い精度 で奪い取ることができるのである。


By x-rays we can verify that surgions at Karolinska Hospital in Stockholm were
implanting electrodes in the brains of sedated patients during operations as early as
1946. We can also testify that the well-known paediatric hospital in Stockholm,
Sachsska Children’s Hospital, had introduced the implantation of electrodes in the
brains of newly born babies in 1948. Yet the most chilling example of what the unlimited
use of computer technology can achieve is the silence and ignorance shown by the
mass-media. Any ghost of a debate about the secret, unarguably the most significant of
all technological developments, which more than ever before is not only changing our
life-circumstances but also our own lives, has been completely absent from the agenda.

1946 年にはすでに、ストックホルム、カロリンスカ病院の外科医が手術中の鎮静状態の患 者の脳に電極をインプラントしていたことは x 線写真から確認できる。またストックホル ムの著名な小児科医院、サックスカ小児病院が 1948 年に、新生児の脳への電極のインプラ ントを導入していたことも証明できる。しかしコンピュータ技術の無制限の利用で達成さ れた、背筋のゾッとする例は、マスメディアが示した沈黙と無関心である。これまでには 考えられなかったような生活環境の変化以外に、我々自身の生活も変えた、その機密につ いて、あらゆる技術進歩の中で疑いようもなく最も重要な進歩については、議論で取り上 げられる気配もなく、完全に疎外されてきたのである。


The following extracts of medical reports and scientific articles concern brain-computer
systems and the research projects in which man is an unwitting or unwilling
participant. The technique involves the implantation of electrodes in the brain,
radio-transmitters in the head or injectable microchips. The medical papers state that
the implantation of these materials in people takes place at all the world’s larger
medical centres. The implants that doctors in the USA place in the brains and heads of
patients without their knowledge or consent with wavelengths close to the microwavepart of
the electromagnetic spectrum. This is also documented in the scientific thesis
entitled Telemetry is coming of age.

以下に抜粋した医学報告と科学論文では、人間が知らぬうちに、あるいは不本意に参加さ せられたブレインコンピュータシステムとその研究プロジェクトを扱っている。この技術 には、脳への電極のインプラントや、頭皮または注入式のマイクロチップによる無線送信 機が使われている。医学論文では、このような素材の人間へのインプラントは世界中の主 要な医療センターで実施されていると述べられている。米国の医師が患者に知らせずに、 あるいは合意をとらずにその脳および頭部に施したインプラントは、電磁スペクトルのマ イクロ波帯に近い波長で稼働する。この処置は「テレメトリの発達」という題の科学論文 でも取り上げている。


Indoor-systems have been developed for hospitals, in which for instance, an individual’s
biological systems is linked up to computers through infra-red light (see Biotelemetry
based on optical transmission) and radio devices with a nuclear energy power source
have also been projected, and these too are intended for implantation in human heads
and brains, all this is according to the following research papers. Surgeons often
performing the insertion while the patient is under anaesthetic on the operating table.
Inmates at psychiatric hospitals in Sweden are put to sleep without their knowledge to
have electrodes implanted in their brains, and injectable microchips, which establish
the coupling of the brain to computers, has been in use at hospitals since several years.

病院向けの室内用システムも開発されている。この場合、個人の生体系が赤外線によりコ ンピュータに連係され(「光伝送をベースにしたバイオテレメトリ」を参照)、核エネルギ ー電源を内蔵した無線装置も考案されているが、これらも下記の研究論文によると、人間 の頭部と脳へのインプラントを目的に製造されている。外科医は手術台で患者が麻酔で眠 っている間に、電極の挿入を行うことが多い。スウェーデンの精神病院の入院患者は、脳 内に電極をインプラントされることを知らされずに眠らされ、脳とコンピュータとの連結 を確立する注入式のマイクロチップが数年前から院内で使用されている。


These systems operate by using telemetry, i.e. a two-way radio-communication whereby
an electromagnetic wavelength is transmitted via the brain to a computer, enabling all
biological, neurological, and sensory functions as well as mental states to be monitored
and controlled. The researchers explain that the technology operates at international
distances, even out in space, and it is verified that the implanted electronic devices are
operative for life.

これらのシステムはテレメトリ、すなわち双方向無線通信を使って動作する。この通信で は電磁波の波長が脳を介してコンピュータに伝送され、生物的、神経的、感覚のすべての 機能および精神状態の監視とコントロールが可能になる。研究者の説明によると、この技 術は海外との間、さらに宇宙空間との間で稼働し、インプラントされた電子装置は一生を 通じて動作することが検証されている。


Some of the reports also describe how the technique make it possible to restore normal
sight to the blind and hearing to the deaf. Moreover, mental dysfunction can be
neutralised through feed-back programmes. The technique could have been used for the
health and well-being of man, but instead it has become an instrument of state power
and a large-scale exploitation of individuals in unrestricted research experimentation.

この技術を使った盲人の通常の視力の回復、ろうあ者の聴力の回復を可能にする方法につ いて解説している報告書もある。さらに精神機能障害も、フィードバックプログラムを通 じて症状を中和できる。この技術は医療や人間の幸福のために使うことも可能だったかも しれないが、国家権力の道具、さらには節度のない研究実験による特定の人物の大掛かり な搾取の道具になりつつある。


This highly classified development has been in progress for the last 50 years, as we can
confirm with the medical reports. It is in the potential to observe what a person sees,
feels and thinks, to scrutinize his behavior and even to trace the causality of his
conscious decisions as well his psychological and unconscious state. It is also possible to
record biological processes and thereby determine the development of illness at an early
stage than it is possible with conventional methods. According to the scientists, the only
thing that limits the factor to be monitored is the imagination of investigator and
whatever can be observed can be manipulated and controlled by the computer. This is
by far the most secret of state projects kept from the general public - and the systems
are already large enough to include all of us; our neuro-activity are being booked up to
state computers with the power to control us, conduct medical, psychological andsocial
research via our brains, and change us at will.

医学報告書から確認できるように、このように高度に機密扱いされた開発が過去 50 年間に わたり続けられてきた。人間が見るもの、感じるもの、考える事を観察し、その行動を精 査し、その意識的な決断の因果関係、および精神状態と無意識状態を追跡することも可能 になってきている。また生体作用を記録し、これまでの方法よりも早期の段階で病気の発現を判断することができるようになる。科学者によると、監視対象としての要因を制限す る唯一のものは研究者の想像力であり、観察可能なものは何でもコンピュータで操作し、 コントロールすることができるというのである。これは間違いなく最高機密の、一般大衆 から隠避された国家プロジェクトである。システムは我々のあらゆるデータを取り込むこ とができる、十分な規模まで開発されている。我々の神経活動は、我々をコントロールし たり、脳を通じて医学研究、心理学的研究、社会学的調査を実施したり、また意のままに 我々を変化させる能力を備えた国家規模のコンピュータに接続される。


The question is, which population is prepared to sacrifice their lives for this? Will accept
the state’s implanting of microchips and radio-transmitters in their heads or brain? Is
willing to surrender their freedoms and agree to being put under neuro-electronic
surveillance - though control and the control of the brain’s functions? A development
which would have never been possible if it had received the attention it deserved in the
mass-media.

問題は、この目的のために、生活を犠牲にするのも厭わない集団があるかという点である。 頭部や脳内にマイクロチップや無線送信器をインプラントする、国家プロジェクトを受け 入れるだろうか? 進んで自由を犠牲にし、コントロールされながら、脳の機能をコントロー ルされた状態で、ニューロエレクトロニクスによる監視下に置かれることに合意するだろ うか? マスメディアで相応の関心を集めていれば、このような開発は決して実現していなか ったであろう。


EXTRACTS
Of medical and scientific reports,
Concerning brain-computer technology.

ブレインコンピュータ技術に関連した
医学報告および科学報告からの引用文


Man’s intervention in intracerebral functions, Jose M. Delgado, 6.
脳内機能への人間の介入、ホセ M. デルガド、6

Telemetry is coming of age, Stuart Mackay et al, 6.
テレメトリの発達、スチュアート・マッケイ他、6

Some issues concerning the control of human behavior, Skinner/Rogers,
2.人間の行動のコントロールに関連した問題、スキナー/ロジャーズ、2

The use of electronics in the observation and control of human behavior, Ingraham and
Smith, 7.
人間の行動の観察とコントロールへのエレクトロニクスの活用、イングラハム/スミス、7

Symbionic technology and education, Glenn F. Cartwright, 11.
シンバイオニック技術と教育、グレン F. カートライト、11

Two-way transdermal communication with the brain, Delgado el al. 3.
脳との双方向トランスダーマル(経皮的)通信、デルガド他、3

A review of implant telemetry systems, Fryer and Sandler, 3.
インプラントテレメトリシステムの報告、フライヤー/サンドラー、3

Radio stimulation of the brain in primates and man, Delgado, 3.
霊長類と人間の脳の無線による刺激、デルガド、3

Electrical stimulation of the human brain, M. Zimmerman, 3.
人間の脳の電気による刺激、M.ツィマーマン、3

Epidural peg electrodes, Gene H. Barnett et al. 1.
硬膜外釘電極、ジーン H. バーネット他、1

A computer-based brain stimulation system for the blind & deaf, 2.
盲人と聾唖者のためのコンピュータベースの脳刺激システム、2

Stereotaxic implantation of electrodes in the human brain, Heath, 3.
人間の脳への電極の定位インプラント、ヒース、3

Psychological responses to intracerebral stimulation, G. F. Mahl el. al. 7.
脳内刺激への心理的反応、G. F. マール他、7

I’ll be watching you, Gary Marx, 5.
ずっと監視する、ゲーリー・マルクス、5
Biotelemetry based on optical transmission, H. P. Kimmich, 2.
光伝送をベースにしたバイオメトリ、H. P. キンミッヒ、2

Behavior control : big brother comes, David Rorvik, 4.
行動コントロール: ビッグブラザーが来る、デヴィッド・ローヴィック、4

Organically induced behavioral change/the new man phenomena, Richard Delgado, 2.
有機的に誘発された行動変化/人の新たな現象、リチャード・デルガド、2

Telemetry on man without attached sensor, Shafer, 2.
センサーを付けない人間によるテレメトリ、シェーファー、2

The first reported case of electrical stimulation of the human brain, James P. Morgan, 6.
人間の脳への電気的刺激の初の報告事例、ジェームズ P. モーガン、6

Biomedical implantable microelectronics, Meindl, 2.
インプラント可能な生物医学マイクロエレクトロニクス、マインドル、2

Survey of implantable telemetry, Thomas B. Fryer, 1.
インプラント可能なテレメトリの調査、トーマス B. フライヤー、1