技術資料(海外)


BEHAVIOR CONTROL BIG BROTHER COMES

行動のコントロール ビッグ・ブラザー来たる

1974 年 1 月発行「Intellectual Digest(インテレクチュアルダイジェスト)」の David Rorvik
(デビッド・ローヴィック)の文献から抜粋


“Doctor, your electricity is stronger than my will.” This was the trueful admission of a subject
whose brain had been implanted with behavior-modifying electrodes. He had just failed to
resist a psychoelectrically enforced command to close his hand into a fist. Related
psychotechnologies are under rapid development by “behavioral engineers” intent on
putting Big Brother in constant and efficient charge of up to 25 million Americans who have
either committed crimes or seem “likely” to do so.

「ドクター、今流れている電気は私の意思よりも強力だ。」これは行動を修正する電極を 脳にインプラントされた被験者が実際に認めた現象である。被験者は電気的に神経に強要 された命令に抵抗できずに、手を握って拳にした。このような精神工学は、アメリカの 2,500 万人もの犯罪者または犯罪を犯しそうに見える人を、ビッグ・ブラザーの恒常的かつ効率 的な監視下に置くことに熱心な「行動技術者」により急速に発展している。


These behavioral engineers are growing mightily in numbers and influence,
nourished by a law-and-order administration that, though riddled by corruption itself, can still
deliver the material goods. They are not out to change the world but to make man adjust to
it; they seek results, not understanding. A thick skinned lot, they are not loathe to admit the
crudity of some of their techniques, claiming results that would take the more elegant
psychotherapies and social reforms years to attain. Freud they dismiss out of hand, and
even the newer encounter therapies they regard at best, as quaint. What the world needs
now in the service of “curing” its deviant and miserable masses, proclaim the new
psychotechnologists, is not more prison reform, urban renewal and nude groups but a few
well-placed corrective kilovolts in the collective brain.

このような行動技術者は、その数、影響力ともに急速に増大しているが、それを育んでい るのが、腐敗で穴だらけの状態ではあるが、依然として有形の財産を送り出すことができ る法と秩序の管理なのである。彼らは世間を変えようと必死になっているのではなく、世間に合わせて人間が調整されることに熱心になのである。理解ではなく結果を求めている のである。技師たちも粗雑な技術の存在を認めていないわけではないが、分厚い剥き出し の頭部の一区画が、より洗練された心理療法や社会的な改革にはさらに何年も要するとい う事実を訴えている。フロイトを相手にせず、最近の新しい治療法も風変りと評したりす る。新興の精神科学技術者が明らかにしているが、精神社会から逸脱した哀れな集団を「矯 正」する対策で世界が今必要としているのは、刑務所の改革や都市再開発、ヌード集団で はなく、位置を正しく特定して集合脳に流す数キロボルトの電流である。


The behavioral engineers insists that they, and not the liberal “mollycodlers” with
their diehard concern for personal autonomy, are the true humanitarians. Indeed, with a little
help from behavior-modifying drugs, aversion therapies, brain electrodes and other
body-bugging devices, they would cheerfully and cheaply free the human spirit of its deviant
and antisocial impulses while emptying the prisons once and for all. In the process, they
neglect to add, there is a good change they would make the world a prison.

行動技術者は、自分たちは頑固に個人の自律を心配するリベラルな「お坊ちゃま」ではな く、真の人道主義者であると主張している。実際に、行動修正薬物や嫌悪療法、脳内電極、 その他の身体を苦しめる装置の助けを少しばかり借りて、世間から逸脱した反社会的な衝 動から楽しそうに安上がりに人間の精神を解放し、刑務所を一度に空にできるのかもしれ ない。この過程で世界が刑務所になるような変化が起こる可能性は十分にある、と付け加 えるのを忘れているが。


It was 1967, and the times they were definitely changing. Peace scares were
already in the air. A report from the Rand Corporation predicted that the war would soon be
coming home; exotic surveillance and “command-and-control” technologies designed for
use on alien enemies would see action on the new domestic “law-and-order” front line. The
report warned that we would thus “easily end up with the most effective, oppressive police
states ever created.” But the warning fell on deaf ears, for this was a time of campus
upheaval, strident war protest, urban riots. The country was on edge. Something new was
needed, but what?

それは 1967 年だった。彼らの間で変化が起こったと断定できるのも同じ時期である。すで に平和に対する不安が漂っていた。ランド・コーポレーションの報告では、本国が間もな く戦場になると予測している。外来物の調査や異星人の敵に使用することを目的とした「指 令と統制」技術により、国内の新たな「法と秩序」の最前線での活動が認められる。上記 の報告はまた、「史上で最も実践的で抑圧的な警察国家が簡単に形成される可能性がある」と警告している。しかしこの警告には誰も耳を貸さなかった。というのも当時は学園紛争 や耳障りな反戦運動、都市暴動の時代だったから。国内は興奮状態にあった。何か新しい ものが必要とされていたが、それが何かは分からなかった。


That same year, three pioneering psychotechnologists wrote to the Journal of the
American Medical Association to suggest an answer. The Detroit riots of 1967, they
declared, could not be attributed soley to social deprivation: there was the very real
possibility that the rioters were victims of subtle brain dysfunctions. And then with a strange
logic that is suggestive of a certain dysfunction on the part of the psychotechnicians
themselves, they asked. “If slum conditions alone determined and initiated, riots, why are
the vast majority of slum-dwellers able to resist the temptations of unrestrained violence? Is
there something peculiar about the violent slum dweller that differentiates him from his
peaceful neighbor?“ They suggested of course, that there was and called for studies “to
pinpoint, diagnose and treat those people with low violence thresholds before they
contributes to further tragedies.”

まさに同じ年、3 人の先駆的な精神科学技術者が回答を示唆する論文を「Journal of the American Medical Association(米国医師会の雑誌)」に掲載した。1967 年のデトロイト暴 動は、社会的剥奪のみを原因とするものではないと断定している。暴徒は潜在性の脳の機 能障害の犠牲者だった可能性が非常に高いと言うのである。精神科学技術者の側で特定の 機能障害を示唆する奇妙なロジックを用いて、彼らは問いかけたのである。「スラムの状 況だけが暴動の勃発の原因であると決めつけるなら、スラム住民の大多数が抑えようのな い暴力の衝動にどうして抗うことができるのか?暴力的なスラムの住民に、平和な隣人と 区別される何か特異なものが存在するのか?」言うまでもなく彼らは、「惨劇に及ぶ前に、 そのような暴力のしきい値の低い人々(すぐに暴力を起こす人々)を、特定し、診断し、 処置する」研究が行われており、要求されていることを認めている。


The three - Vernon Mark, director of Neurosurgical Services at Boston City
Hospital, Frank Ervin, now a psychiatrist at the University of California of Los Angeles
Medical School, and William Sweet, chief of Neurosurgical Services at Massachusetts
General Hospital - were, not unexpectedly, geared to perform just such studies. And,
indeed, they were soon to become beneficiaries of the new war on crime. One grant from
the newly formed and rapidly expanding Law Enforcement Assistance Administration
(LEAA) of the Department of Justice Provided Dr. Ervin with $109,000 to develop a
technique by which “violence-prone” individuals could be identified. Thus tagged such
individuals could then, presumably be afforded the “benefits” of brain electrodes or otherpsychotechnologies.

この 3 名、ボストン市民病院脳神経外科部長 Vernon Mark(ヴァーノン・マーク)、カリ フォルニア大学ロサンゼルス校医学部精神医学者 Frank Ervin(フランク・アーヴィン)、 マサチューセッツ総合病院脳神経外科長 William Sweet(ウィリアム・スイート)が上記の ような研究に駆り立てられたのは、意外なことではなかった。実際に、彼らが犯罪の領域 において、新たな戦争の受益者となるのに時間はかからなかった。司法省で新たに設立さ れ、急速に規模を拡大している法令施行支援事業団(LEAA)からの補助金として、アーヴ ィン医師は「暴力を起こしやすい」個人を特定する技術の開発に 109,000 ドルを獲得した。 このようにレッテルの貼られた個人は、恐らく、脳内への電極埋め込みやその他の精神科 学技術の「恩恵」に預かることができるらしい。


Evidence that the results of the conditioning therapies are either lasting or of real
benefit. But if the behavioral engineers enter the free world as healers, they exist as the
technologists of a totalitarianism that could make those in Anthony Burgess A Clockwork
Orange and George Orwell’s 1984 look whimsically inefficient by comparison.

条件付け療法の結果が持続するか、実際に成果をもたらすことは証明されている。しかし、 行動技術者が治療師として自由世界に介入すれば、比較対象として、Anthony Burgess(ア ンソニー・バージェス)の「時計仕掛けのオレンジ」やジョージ・オーウェルの「1984」 の中の登場人物をさらに上回るような、全体主義の科学技術者として存在することになる。

The deviants among us who graduate from MBD to prison may be treated to even
more illuminating psychochemicals. In one California prison, for example, the drug Anectine
has been used to induce sensations of extreme terror, suffocation and imminent death in
rebellious inmates. During these cataclysmic episodes, the authorities scream
recriminations at the victim and warn him to reform or face further “treatment.” Sexual
deviance and stealing, as well as outbursts of physical violence, are “indications” for
Anectine. Prolixin, also used in some prisons, is described by E.R. Squibb, its manufacturer,
as “highly potent behavior modifier with a markedly extended duration of effect.” Prisoners
protesting its use in testimony before the California Senate Committee on Penal Institution
said that it turns men into “somnambulists, robots and vegetables.” Squibb allows that
possible adverse side effects include a catatoniclike state, impotence, glaucoma and
symptoms resembling Parkinsonian or a palsy-like syndrome along with the facial grimaces
of encephalitis, which “persist after drug withdrawal, and in some patients appear to be
irreversible.” Other drug “therapies” include the use of antitestosterones, which chemicallycastrate the victim.

我々の周囲の世間から逸脱し MBD から囚人に変化した人々は、さらに啓蒙的な精神化学物 質で処置される場合がある。カリフォルニアのある受刑者を例に挙げると、処置室の中で 極度の恐怖、呼吸困難、死の直前の感覚を誘発させるためにアネクチン(筋弛緩剤)と言 う薬物が使用された。このような激動的なエピソードの間、権力は犠牲者に対して非難の 言葉を浴びせ、自己変革しなければさらに「処置」が行われると警告したのである。性的 逸脱や盗み、また突然の暴行もアネクチンの「適応症」である。一部の囚人に併用されて いたプロリキシンは、メーカーの E.R.スクイブにより「作用が著しく長い、極めて効果的 な行動調整剤」と説明されている。プロリキシンの使用に抗議した囚人は、カリフォルニ ア州上院刑事施設委員会において、人間を「夢遊病、ロボット、無気力」にすると訴えた。 スクイブ社側では、予測される副作用として緊張症様の状態、無気力、緑内障、パーキン ソン病に似た症状、あるいは脳炎の顔面神経痛を伴う麻痺に似た症状などがあること、副 作用は投与を中止した後も残り、患者によっては治らない場合もあることを認めている。 その他の薬物「治療」には、犠牲者を薬物的に去勢する抗テストステロンの使用などがあ る。


In her new book, Kind & Usual Punishment, Jessica Mitford reports that as early as
1962 James V. Bennett, then director of the U.S. Bureau of Prisons, was urging assembled
social scientists and correctional administrators to take full advantage of the “tremendous
opportunity” afforded by the 24,000 men then in the federal prison system - “to carry on
some of the experimenting to which the various panelists have alluded.” He continued, “We
here in Washington are anxious to have you undertake some of these things: ...perhaps on
your own - undertake a little experiment of what you can do with the Muslims, what you can
do with...sociopath individuals.” Among other thing “alluded” to at that conference were
brainwashing techniques perfected by the North Korean and “biochemical restraints.” By the
late 1960s, these proposals had been implemented in some prisons, whose staffs included
“thought-reform terms” that subjected the troublesome inmate to intensive group pressures,
ridicule and humiliation in an effort to help him be “reborn” as “a winner in the game of life.”

Jessica Mitford(ジェシカ・ミットフォード)は新著『Kind & Usual Punishment』の中で、 1962 年にはすでに当時の連邦刑務所所長 V. Bennett(V ベネット)が、集会の社会科学者 と矯正行政官に対して、当時の連邦刑務所制度に収監されていた 24,000 名の男性囚人が利 用できる「素晴らしい機会」を有効に活用するように、また「様々な討論会のパネリスト が仄めかしている実験の一部を実施すように」熱心に催促していたと報告している。また 彼は「我々ワシントン市民は、そのような実験の一部を請け負われれるのではないか、恐らくは独断で、ムスリムに対する、あるいは反社会的な人間に対する些細な実験を請け負 わされるのではないか、と懸念している。」特に、同じ会議で「仄めかされた」ものとし て、北朝鮮で完成れた洗脳技術や「生化学的拘束」が挙げられる。1960 年代後期までに、 前記のような提案が一部の囚人の間で実施されている。その内容には、厄介な収容者を集 中的かつ集団的な圧力や愚弄、屈辱にさらし、「人生ゲームの勝者」として生まれ変わる のをサポートする「思想改革期間」も含まれていた。


Despite such resolve by the psychotechnologists, some - but not all - attempts at
prison brain surgery have been stalled by unfavorable press coverage and public outcry. In
one case, Raymond Procuiner, Director of Corrections of the State of California, wrote a
letter calling for funding for “neurosurgical treatment of violent inmates.” One of the possible
candidates for brain surgery in the proposed program was described as a 25-year old male
who was “more mature” than the average inmate and “was continuously in contact with
friends and attorneys on the outside who encouraged his activities and provided him with
books attacking society.” When Procuiner’s letter leaked to the press, a flap ensued that
caused the program to be set aside, at least temporarily. That was in 1971. In 1973,
however, Governor Ronald Reagan endorsed a proposal that would use psychosurgery as a
“cure” for violence.

このような精神科学技術者による解決にも関わらず、全てではないが、囚人の脳手術の試 みが批判的な報道や大衆の抗議により中断される場合があった。一例として、カリフォル ニア州立矯正所の所長 Raymond Procuiner(レイモンド・プロクイナー)は、「暴力的な 収容者の神経外科治療」のための資金を要求する書状を送っている。提案されたプログラ ムの脳手術の候補の一例として、平均的な収容者よりも「成熟しきっており」、「行動を けしかけたり社会を攻撃する書物を差し入れする外部の友人や弁護士と常に接触してい る」25 歳の男性が取り上げられている。プロクイナーの手紙がマスコミに漏れると、動揺 が起こり、その結果、少なくとも一時的にプログラムが中断される事態になった。それが 1971 年である。しかし 1973 年、カリフォルニア州知事 Ronald Reagan(ロナルド・レー ガン)は、精神外科を暴力の「矯正」に使用する提案を支持した。


Criminologist Barton Ingraham of the University of Maryland, in a letter to me,
complains that Michigan “decision will be regarded as a great victory by civil libertarians, but
in fact (assuming it becomes a precedent for other courts), it may toll the death knell in the
United States for experimental medicine using human subjects...since no prison inmate
could ever be considered a volunteer, regardless of his mental health or intelligence.” Later
in his letter, Dr. Ingraham asserts that “the new liberal Inquisition is so concerned about
(theprisoners”) souls and their ‘personal autonomy’ that it is going to prevent any progress from
taking place in this field which might open the prison doors...the New Inquisition is so
anxious to save them that it is willing to destroy them - all for the greater glory of liberal
absolutions!” in a Department of Justice monographs, Dr. Ingraham has written that the
“new liberalism is...fanatical on the issue of extending legal due process into areas which
were once considered reserved for the exercise of knowledgeable administrative discretion.”

メリーランド大学の犯罪学者 Barton Ingraham(バートン・イングラハム)は、筆者への手 紙で次のように不満を表している。ミシガン州の「決定は市民自由擁護者にとっては偉大 なる勝利と見なされるが、実際には(他の法廷の先例になると想定すると)、米国の人間 の被験者を使った実験医学に対して、死の警鐘が鳴らされるかもしれない。なぜならその 精神的な状態や知性とは無関係に、自発的に参加したとされる囚人は一人もいないからで ある。」後にイングラハム博士は、手紙の中で、「新たな自由の宗教裁判は(囚人の)魂 や囚人の‘個人の自律’を深く配慮しているため、この領域においては刑務所を開放する ような進化は起りえない。新しい宗教裁判は囚人の救済を懸念しているため、彼らが破壊 されることも厭わないのである、すべて絶対的な自由という偉大な栄誉のために!」司法 省の研究論文で、イングラハム博士は「新しい自由主義は、(略)これまでは博学な行政 上の自由裁量の領域とされていた領域にまで、法の適正手続が及ぶという問題に熱狂して いる」と記している。


Dr.Ingraham does not believe that implanted brain electrodes can be abused to the
extent that some fear. He characterizes as an “overstatement” the assertion of a leading
electrophysiologist, Dr. Jose M.R. Delgado of the Yale University School of Medicine, that
current research efforts “support the distasteful conclusion that motion, emotion and
behavior can be directed by electrical forces and that humans can be controlled like robots
by push buttons.”

イングラハム博士は、脳への電極の埋め込みでは、一般に恐れられるほどに虐待できると は考えていない。同博士は著名な電気生理学者、エール大学医学部の Jose M.R. Delgado(ホ セ M.R.デルガド)博士の主張、すなわち現在の研究は「運動、感情、行動を電気の力で指 示できる、また押しボタンで人間をロボットのようにコントロールできるという不快な結 論を裏付けている」は、「誇張表現」と見なしている。


Dr. Ingraham and Dr. Gerald W. Smith, writing in Issues of Criminology, insist that
“at most,” these researches into electronic stimulation of the brain (ESB) “indicate that some
of man’s activities can possibly...be induced (with very uncertain consequences
in differentindividuals), and that man might be conditioned along certain approved paths by ‘rewards’
and ‘punishments’ carefully administered at appropriate times.”

犯罪学の問題について著わしているイングラハム博士と Gerald W. Smith(ジェラルド W. スミス)博士は、このような脳電気刺激(ESB)の研究で示されるのは、「人間の行動の 一部を誘発させることができ(結果は個人により全く異なるが)、また適切なタイミング で’報酬’と’処罰’を慎重に与えることで、一定の確実な経路に沿って人間を条件付けられる」 ことに過ぎないと主張している。


And they will be adopted if a plan like the one proposed by Joseph Meyer, a
computer expert in the supersecret National Security Agency, is ever instituted. The Meyer
scenario, the details of which 61.121 pages of the January 1971 IEEE Transactions on
Aerospace and Electronic Systems, would force 25 million Americans to
wear ”transponders” (miniature tracking devices) linked by radio signals to centralized
computers. “Attaching transponders to arrestees and criminals,” he writes, “will put them into
an electronic surveillance system that will make it very difficult for them to commit crimes, or
even to violate territorial or curfew restrictions, without immediate apprehension.”

また、超極秘の国家安全保障局のコンピュータのエキスパート、Joseph Meyer(ジョセフ・ メイヤー)が提案しているような計画が策定されれば、上記の両博士も指名されるであろ う。『IEEE Transactions on Aerospace and Electronic Systems(航空宇宙電子システム会 報)』1971 年 1 月号の 61.121 頁に詳細が記載されているメイヤーのシナリオでは、無線 信号で中央コンピュータにつながれる「トランスポンダー」(超小型追跡装置)を、2,500 万人のアメリカ人が装着することになる。「逮捕者や犯罪者にトランスポンダーを装着す ることで、電子監視システムの監視下に置かれ、直後の不安により、犯罪を犯すこと、あ るいは管轄区の制限や外出禁止に違反することすら困難になる」と記している。