技術資料(海外)


I’LL BE WATCHING
YOU
Reflections on the New Surveillance
The extract is from a paper prepared for a meeting
Held by the Council of Europe and the American Sociological Association,
by Gary Marx, 1984


アイルビーウォッチングユー
新型監視システムについての意見
1984 年欧州アメリカ社会学会評議会主催の会議向けに作成された
ゲーリー・マルクス氏の論文からの抜粋


The gigantic data banks made possible by computers raise important
surveillance questions. Many basic facts about the computerization of credit, banking,
medical, educational, employment, tax, welfare, telephone, and criminal-justice records
are well known. But beyond the increased amount of information they make available,
computers have altered the very nature of surveillance. Recorded surveillance is
routinized, broadened and deepened, and, for practical purposes, records become
eternal. Bits of scattered information that in the past did not threaten the individuals
privacy and anonymity are now joined.

コンピュータにより可能になった莫大なデータバンクは、監視という重大な問題を投げか けている。身近にあるクレジット、銀行業務、医療、教育、雇用、税、福祉、電話、刑事 司法履歴の電子化といった数々の現実に今では誰も驚かない。しかしコンピュータにより 利用可能になる情報量の増加以外に、監視の性質そのものもコンピュータにより変えられ てきたのである。記録された監視内容はルーチン化され、幅と深みが拡大される。また実 用化という名目で記録は永久に保存される。これまで個人のプライバシーや匿名性を脅か していた分散化した情報の断片が、一つにまとまる時代になったのである。


Many issues - such as privacy, free will, civil liberties, uses of and control over
information, unauthorized access errors, and the rights of the person about whom
information is gathered - are raised by the computer-matching and-profiling
operationsthat have come into increased prominence in the last decade.

この 10 年でひときわ目立つ存在となったコンピュータの照合およびプロファイリング操作
により、プライバシーや自由意思、市民の自由、情報の利用と制御、不正なアクセスエラ
ー、情報が収集された個人の権利といった多くの問題が露呈されている。


Some of fiction’s imaginary surveillance technology, like the two-way television
that George Orwell described, is now reality. “Mini-Awacs” and satellites that can spot a
car or a person from 30,000 feet up have been used for surveillance of drug traffickers.
The CIA has apparently used satellite photographs for “domestic coverage” to determine
the size and activities of antiwar demonstrations and civil disorders. The “starlight
scope” light amplifier, developed for the Vietnam War, can used with a variety of
cameras and binoculars. When it amplifies light 85,000 times it turns night settings
into daylight. Unlike the infrared devices developed earlier, it does not give off a
tell-tale glow. The highly secretive National Security Agency - using 2,000 staffed
interception posts throughout the world, and satellites, aircraft, and ships - monitors
all electronic communication from and to the United States. The agency is beyond the
usual judicial and legislative controls and can disseminate its information to other
government agencies without a warrant.

ジョージ・オーウェルが著した双方向テレビなど、架空の想像上の監視技術の中には実現 しているものもある。30,000 フィート上空から自動車や人間を識別できる「ミニ AWACS」 や衛星は、麻薬取引の監視に使われている。CIA が「ドメスティックカバレッジ(全国を カバーする)」衛星写真を使用して、反戦デモや市民暴動の規模や活動内容を判断している のは明らかな事実である。ベトナム戦争向けに開発された「スターライトスコープ(光増 式暗視装置)」レーザー増幅器は、各種のカメラや双眼鏡に利用できる。光を 85,000 倍増 幅し、周囲の状況を夜間から日中に変えてしまうのである。初期に開発された赤外線装置 と異なり、隠蔽を不可能にする発光は起こらない。極秘機関である国家安全保障局(NSA) は、世界中の 2,000 箇所の傍受拠点に職員を配置し、衛星、航空機、船舶を活用して、米 国との間で行われるすべての電子通信を監視している。同機関は通常の司法および立法の 統制下に置かれておらず、収集した情報を許可なく別の政府機関にまき散らすことができ る。


Yet this law refers only to aurally transmitted “conversations.” It says nothing
about nonvoice and video communications. No restrictions are placed on the
interception of information transmitted in digital microwave from Much computerinformation
is also sent via microwaves. Telemetric devices attached to a subject use
radio waves to transmit information on the location and/or physiological condition of the
wearer and permit continuous remote measurement and control. Such devices, along
with new organizational forms based on theories of diversion and deinstitutionalization
(such as halfway houses and community treatment center), diffuse the surveillance of
the prison into the community. In other proposed systems subjects are not restricted to
their residence; however, their thereabouts are continuously known.

しかし本法律(?)は口頭で伝えられた「会話」のみを対象としている。声を使わない通信 および映像通信については何ら言及していない。デジタルマイクロ波で伝送された情報の 傍受については、何ら制限が行われていない。コンピュータ情報の多くは、やはりマイク ロ波を使って送信される。被験者に取り付けたテレメトリック装置は、無線波を使って装 置を装着した人物の位置や生理状態に関する情報を伝送するため、遠隔からの連続的な測 定やコントロールが可能になる。このような装置は、方向転換や脱施設化(ハーフウェイ ハウスや地域の治療センターなど)の理論に基づく、新しい発想の組織化形態と相まって、 刑務所の監視を地域に拡大させることになった。提案されている別のシステムでは、被験 者は居住地に縛り付けられないが、被験者の存在する場所は常に把握される。


Surveillance of workers, whether on assembly lines or in offices or stores, has
become much more severe with computerized electronic measures. In some offices,
workers have to inform the computer when they are going to the bathroom and when
they return. Employees may be required to carry an ID card with a magnetic stripe and
check in and out as they go to various “stations.” Means of personal identification have
gone far beyond the rather easily faked signature or photo ID. Thus one new employee
security-checking procedure involves retinal eye patterns.


工場の組立ラインやオフィスや店舗など、労働者の監視はコンピュータ化された電子的手 段により一層深刻なものになっている。従業員がトイレに行くとき、またトイレから戻っ たときにコンピュータに報告することを要求するオフィスすらある。従業員に磁気テープ を張った ID カードの携行を要求したり、様々な「ステーション」に赴くときにはチェック インとチェックアウトを要求する場合もある。個人識別の手段は、簡単に真似される署名 や写真 ID の時代から大きく前進しているのである。新入社員のセキュリティチェック手続 きには、網膜パターンの識別手段も加わっている。


Finally, Undercover practices - those old, traditional means of surveillance and
investigation - have drastically changed in form and expanded in scale during the
lastdecade. The new devices and techniques have enabled police and federal agencies to
penetrate criminal, and sometimes noncriminal, milieus in utterly new ways. In the
United States, the federal agency that is most affected is the Federal Bureau of
Investigation. In the past, the FBI viewed undercover operations as too risky and costly
(for both individuals and the agency’s reputation) for use in routine investigations of
conventional criminal activity. Now, however, in the words of an agent, “Undercover
operations have become the cutting edge of the FBI’s efforts to ferret out concealed
criminal activity.” In the mid-1970s the FBI began using undercover agents in criminal
investigations The number of such investigation has steadily increased from 53 in 1977,
to 239 in 1979, to 463 in 1981. Beyond well-known cases - such as Abscam, the fake
consulting firm run jointly by IBM and the FBI that sold “stolen” data to Japanese
companies, the John DeLorean case, police posing as direlicts with exosed wallets or as
fences purchasing stolen property - recently cases have involved policewomen posing as
prostitutes and then arresting the men who propositioned them: tax agents stationed in
banks and business posing as prospective buyers or clients to gain information: phony
cases entered into the criminal-justice system to test if prosecutors and judges would
accept bribes; “bait sales” in which undercover agents offer and sell, at a very high price,
allegedly stolen goods to merchants or persons they meet in bars; agents acting as
guides for big game hunters and they arresting them for killing protected species or
animals out of season. These examples - and we could add many more - surely make
clear that it a new ball games, and that its players are sometimes beyond meaningful
restraint.

最後に挙げる内偵手段は、古くからある伝統的な監視と調査の手段であるが、過去 10 年の 間にその形を大きく変え、大規模なものになっている。警察や連邦当局が犯罪環境、時に は犯罪とは無関係な環境に全く新しい方法で潜入できるようになったのは、新しい装置と 技術のおかげである。米国で、最も影響力の大きい連邦機関は連邦捜査局(FBI)である。 過去において、FBI は内偵(おとり)作戦を通常の犯罪行為の慣例的な調査に使用するの は、(個人的にも、当局の評判にとっても)リスクとコストが大きすぎると判断していた。 しかし今では当局の言葉を借りれば、「おとり作戦は、FBI の最前線の手段として、極秘の 犯罪行為を明るみに出す捜査に使用されている。」1970 年代半ば、FBI は犯罪捜査に覆面 エージェントを用い始めた。このような捜査の件数は、1977 年の 53 件から 1979 年には 239 件、1981 年には 463 件と着実に増加している。IBM と FBI が共同経営する偽のコン サルティング会社が、日本の企業に「盗んだ」データを売りつけた Abscam(アブスキャム) ケースや、警官がずだ袋を露出したホームレスや、盗品の高級品を購入する盗品売買人に 扮した John Delorean(ジョン・デロリアン)などの著名な事例以外に、最近では婦人警官が娼婦に扮し、交渉を持ちかけた男性を逮捕したケースや、銀行や事務所に常駐した税務署が、見込バイヤーや顧客の振りをして情報を集めるケース、刑事裁判に潜入し、検事 や判事が賄賂を受け取らないか試す偽装ケース、おとりエージェントが、盗品とみられる 商品を商人やバーで知り合った客に非常に高い値段で売りつける「おとり販売」のケース、 猛獣狩猟のガイドに扮したエージェントが、絶滅保護種や禁漁期間に狩猟する客を逮捕す るケース等々。このような事例から、上記以外にも事例は数多いのであるが、確実に言え ることは、新たな状況が生まれ、その関係者は時には意味のある束縛から離れることもあ るということである。




The New Surveillance

新しい監視


It transcends distance, darkness, and physical barriers. As many observers
have noted, the historic barriers to the old Leviathan state lay in the sheer physical
impossibility of extending the rulers’ ideas and surveillance to the outer regions of vast
empires; through closed doors; and into the inner intellectual, emotional, and physical
regions of the individuals. Technology, however, has gradually made these intrusions
easier. Technical impossibility and, to some extent, inefficiency have lost their rokes as
unplanned protectors of liberty. Sound and video can be transmitted over vast distances,
infrared and light-amplifying technologies pieces the dark, intrusive technologies can
“see” through doors, suitcases, fog. Truth-seeking technologies claim to be capable of
going beneath surface reality to deeper, subterranean truths.

それは距離や暗闇、物理的な壁を超越している。多くの批評家が述べているように、歴史 的に見た場合、旧来の全体主義国家にとっての障壁は、統治者の発想や監視を、広大な帝 国の周辺地域にまで拡大すること、さらに閉じられた扉を通じて、個人の内面の知的領域 や感情的および肉体的な領域の中にまで及ぼすことが、物理的に全く不可能な点にあった。 しかし技術の力により、このような侵入は少しずつ容易になってきた。技術的に不可能な こと、また或る範囲までは効果がないことが、予定外の自由の擁護者としての役割を奪っ てきた。音声と映像の広大な距離の移動が可能になり、赤外線技術と光増幅技術は暗闇を 見透かし、侵入技術は扉やスーツケース、霧の中を「見る」ことができる。真実追求の技 術は、表面の現実から深部の目に見えない真実まで掘り下げる能力があると言われている。


It transcends time; its records can easily be stored, retrieved, combined,
analyzed, and communicated. Surveillance information can be socially freeze-dried.
Information can be converted into a form that makes it portable, easily reproducible,
and transferable across vast distances. Thus data sharing, on an immense scale,
becomes possible.

それは時間を超越する。記録は簡単に保存でき、取り出し、結合し、分析し、伝達するこ とができる。監視情報は社会的に冷凍乾燥化させることができる。搬送可能な、簡単に再 現できる、広大な距離を移動できる形に情報を変えることができる。このようにデータ共 有は計りきれない規模で可能になっているのである。


It is capital - rather than labor-intensive. It has become mush less expensive
per unit watched, because technical developments have dramatically altered the
economics of surveillance. Information is easily sent back to a central source, a few
persons can monitor a great many things (in contrast to traditional forms, such as the
gumshoe tailing a suspect at a discreet distance for many days or manually searching
records). The monitor need not literally be attending at the instant of transmission to be
able to use it.

それは労働集約型というよりも資本集約型の技術である。監視対象の単価は低くなってい る。これは技術開発により監視の経済的側面が大きく変わってきたからである。情報は簡 単に中央サーバに送り返され、少人数で非常に多くのターゲットを監視することができる (探偵が遠方まで何日も容疑者を追跡したり、手作業で記録を探すなどの、伝統的な形態 とは対照的である)。実際にモニターの前で監視していなくても、瞬時に情報を伝送するこ とができる。


The computer make all who come within their province reasonable targets for
surveillance. The new, softer forms of control are helping to create a society in which
people are permanently under suspicion and surveillance Everyone is assumed to be
guilty until proven innocent. As Michel Foucault observed, what is central here is not
physical coercion but never-ending “judgments, examinations, and observations.”

コンピュータは、その活動領域に入る人々をすべて監視に適したターゲットにしてしまう。 新しい、より柔軟な形のコントロールは、市民を永久に疑惑と監視下に置く社会を生み出 すのを助長している。無実が証明されるまで、誰もが罪を犯していると憶測される。ミシ ェル・フーコー(Michel Foucault)が考察したように、この中心に或るのは肉体的な強要 ではなく、終わりの見えない「審査、検査、観察」なのである。


It either has low visibility or is invisible. Thus it becomes ever more difficult
toascertain when and whether or not we are being watched and who is doing the watching.
There is a distancing (both socially and geographically) between watchers and watched,
and surveillance is increasingly depersonalized. Its instruments are often difficult to
discover, either because they are something other than they appear to be or, as with
snooping into microwave transmission, there often are few indications of surveillance. It
hears whispers, penetrates clouds, walls, and windows. It “sees” into the body - and
attempts to “see” into the soul, claiming to go beneath ostensible meanings and
appearances to real meanings. Broad new categories of persons and behavior have
become subjects for information collection and analysis, and as the pool of persons
watched expands, so does the pool of watchers. Mass surveillance has become a reality.
The new surveillance has been generally welcomed by those in business, government,
and law enforcement.

それはほとんど見えないか、全く見えない技術である。我々がいつ監視されているか、監 視されているのか否か、また誰が監視しているかを断定するのが、これまで以上に難しく なっている。監視者と監視される側との距離は(社会的にも地理的にも)広がり、監視の 非人格化は進んでいる。監視道具は多くの場合、発見するのが難しい。なぜなら、マイク ロ波送信の監視のような表面的に見えるものとは別のものであったり、監視の兆候がほと んど表出しないためであったりする。ささやき声を聴取し、雲や壁、窓に侵入する。人間 の体内を「見たり」、魂の中まで「見ようと」試みたりして、表向きの意味や外見の内部に 侵入し、実際の意味を探れると謳っている。広大な新しいカテゴリの人と行動は、情報収 集と情報分析の対象となり、監視対象の人間のプールが増えるに従い、監視者のプールも 増大する。大量監視は現実のものになった。新しい監視は全般的にビジネス界、政府、法 執行従事者のコミュニティに歓迎されている。


There is nowhere to run or to hide. A citizen’s ability to evade this surveillance
is diminishing. There is no escape from the prying eyes and ears and shirring
data-processing machines of government and business. To participate in the consumer
society and the welfare state, we must provide personal information. Requests for parts
of one’s personal biography (for birth, marriage, and death certificates, driver’s licenses,
vehicle and voter registration, information for phone, occupational, educational, and
special-interest directories) are invitations to comply with more finely tuned
manipulative efforts by a new breed of government and marketing researchers, who
combine the enormous quantities of available data with the advantages of
computerization. There is no longer the need to enter a room surreptitiously to plant a
bugging device, when a microphone aimed at a window a hundred yard away canaccomplish
the same end; when microwave phone and computer transmissions can
simply be plucked from the air without bothering with direct wire-tapping.

逃げ隠れする場所はどこにもない。市民はこの監視から逃れる力は、抑え込まれている。 好奇心を持ってじろじろ監視する目や耳、ぶんぶん音をたてる政府や企業のデータ処理機 械から逃れる方法はない。消費社会と福祉国家に参加するためには、我々は個人情報を提 供しなければならない。個人履歴(生年月日、婚姻、死亡証明、運転免許証、車両や選挙 の登録、電話の情報、職業、教育、特殊利益集団の登録簿の情報)の部分的な要求は、莫 大な量の収集データをコンピュータ化の活用にむすびつける、政府とマーケティングリサ ーチャーから成る新しい集団の、より精細な調整が行われた操作に対応するための招待状 なのである。部屋にこっそり忍び込み盗聴装置を取り付ける必要はもはや生じない。100 ヤードも離れた窓に照準を当てたマイクロホンが同じ作業をやってしまうのである。直接 盗聴するという厄介な仕事を行わずに、空中から携帯電話やコンピュータからの送信内容 を簡単に引き出すことができるのである。


This over-abundance of violations in turn may lead to the misuse of
prosecutorial discretion, the demoralization of control agents and, perhaps, to
favouritism and corruption. And, as our examples suggest, the new surveillance has the
potential of fostering repression. While deterring or discovering some offenders, the
routinization of surveillance, ironically, may grant an almost guaranteed means for
successful violations and theft to those who gain knowledge of the system and take
action to neutralize and exploit it. Individual freedom and liberty prosper when detailed
information about a person’s life, for the most part, is private. The permanence and
accessibility of computerized records mean that we are all tailed by electronic
tale-bearers. As there is the possibility of locking in erroneous or sabotaged data, this
may have the unintended consequence of permanent, unjust stigmatization. Thus
reasons may never cease paying for earlier, or never committed, misdeeds. The
fragmentation and isolation characteristic of totalitarian societies result not only from
the state’s banning or absorption of private organizations, but becuase individuals
mistrusts each other and organizations: trust, the most sacred and important element
of the social bond, is damaged.

このような有り余る侵害は、検察の裁定の誤り、管理エージェントの士気喪失につながり、 また偏重主義や堕落にまで発展する可能性もある。ここでの実例が示すように、新しい監 視は抑圧をはぐくむ可能性も秘めている。一部の犯罪者を思いとどまらせ、発見している間に、 監視の日常化により、システムを把握し、シスいテムの中立化や不当利用のための行動をとる 人々に、必ず成功する違反や盗難の手段をほぼ保証された形で与えることにな るのは皮肉なことである。個人の自由と独立が繁栄するのは、ほとんどの場合、個人の生 活に関する詳細な情報が非公開な状態にある場合である。コンピュータ化された記録の永 続性と利用可能性とは、我々がすべて電子的なゴシップ屋に追い回されていることを意味 する。誤りのあるデータや故意に破壊されたデータが仕舞い込まれてしまう可能性がある ため、意図せずに永続的で不公平な汚名を着せるという結果になる場合もある。過去の、 あるいは犯した覚えのない犯罪行為に対する償いが永遠に続く可能性がある。全体主義社 会に特徴的な分裂と離反は、国家による民間組織の禁止あるいは吸収の結果によるもので はなく、個人間の疑惑、個人の組織に対する疑惑が理由である。社会的つながりで最も神 聖で重要な要素である信頼が損なわれるのである。


With a more repressive government and a more intolerant public - perhaps
upset over severe economic downturns, large waves of immigration, social dislocations
or foreign policy setbacks - these devices could easily be used against those with the
“wrong” political beliefs, against racial, ethnic or religious minorities and those with life
styles that offend the majority. Yet should totalitarianism ever come to the United
States it would more likely be by accretion than by cataclysmic events. As Sinclair
Lewis argued in It Can’t Happen Here, it would come in traditional American guise,
with the gradual erosion of liberties.

政府が抑圧的になり、一般大衆の不寛容が進むに従い、おそらくは深刻な景気低迷、大量 の移民の流れ、社会的な混乱や外交政策の後退が伴うのであるが、前記の装置は「誤った」 政治的信念に対して、人種、民族、宗教上の少数派に対して、また一般に逆らった生活ス タイルを営む人々に対して簡単に用いることができる。しかし米国が全体主義国家になる としたら、地殻変動的な大変革によるものではなく、外からの変革になる可能性が高い。 シンクレア・ルイス(Sinclair Lewis)が「It Can’t Happen Here(ここでは起こりえない)」 で述べているように、(全体主義化は)従来のアメリカの姿を保ったまま、自由が徐々に蝕 まれるという形で起こるであろう。


This article is drawn from a longer paper available from the author prepared
for meetings on George Orwell held by the Council Europe and the American
Sociological Association.

上記の文献は、欧州アメリカ社会学会評議会主催のジョージ・オーウェル(George Orwell) 会議向けに著者が作成した論文から引用したものである。